読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogNoOkiba

感想文とか書きます

俺、ツインテールになります。 10巻  を読みました

小説感想

f:id:shunozo:20151106011314j:plain

TVAの作画崩壊ももはや懐かしいですね。
えっ、もう1年前、マジかよ...

というわけで、俺ツイ最新刊、読みました。

 

俺、ツインテールになります。 10 (ガガガ文庫)

俺、ツインテールになります。 10 (ガガガ文庫)

 

今現在唯一読み進めてるラノベかもしれない。
なれる!SEも前まで読んでましたがいろいろ辛くて挫折した。いや私SEじゃないけど。

普通にネタバレ込で書いていきますが、前巻の引きが
「ついに男だと敵に知られてしまったテイルレッドたん!しかも相手は百合属性!一体どうなっちゃうの〜!??」
的なアレでした。

今巻では、わりと序盤でついに総二君のツインテール属性力が奪われてしまいます。

マジかよ!テイルレッドたんに性癖歪められて「TSモノ...最高やな!!ついでに男の娘モノにも目覚めそうだ...」ってなった俺達は一体どうすればいいんだ!!という感じですね。後者はひめゴトのせいかもしれない。

一応戦闘は属性力奪われただけで終わり、その後、なんやなんやで秘密基地に招かれたフェニックスギルディ(というか結翼唯乃)が色々教えてくれます。

このヒーロー者にありがちな「敵か味方かよくわからないポジションにいる強いやつ」キャラ、いいですよね。ただこういうキャラ、完全に味方サイドについた途端急に弱体化しますよね。あっ、イースナー...


f:id:shunozo:20151106031612j:image2人のうちどちらかが女の子に変身してるエレメリアンだ!どちらか当ててみよう!

その後、ツインテール属性を失った総二が抜け殻にならないよう、他の属性力に目覚めさせようとするツインテール部一同の皆さん。

なぜか全員幼馴染属性で接しようとしたり、部室がピンクなお店めいた感じになったりしますが、いろいろあって、全員が己のツインテールをほどく事に。

この、各々がツインテールをほどいて髪をおろしている(ついでになんか色々コスプレしてる)挿絵が巻内に載っているんですが、これ、めちゃくちゃ良くないですか...???愛香さんのスク水、すばらしいです、控え目に言って最高。そして何より髪を下ろしてメガネかけてる女教師コスプレ(教師だけど)の尊さんの破壊力...すばらしすぎる...ていうか誰だこれ、ほんとにアラサーメイドなのかこの人は!??良さしか感じないです。ありがとう春日歩先生。城下町のダンデライオン、全巻買いました。これからもお仕事頑張ってください。

この素晴らしさは皆さんにもお金を払って味わって欲しいのでみんなも俺ツイ10巻、買おうな!!


f:id:shunozo:20151106035237j:imageCVゆかりんの美少女キャラ

ラノベの感想なのにイラストの方だけに注目してる感じになってしまいましたが、ツインテール部部室でのやり取り、だいたい愛香がトゥアールボコボコにしたあとに会長が斜め上を行くドMっぷりを発揮しイースナーはとりあえずズボンとか脱がせようとしにかかる一連の王道パターンが入りますが、王道パターンが入ってるが故に、情景がイメージしやすくて好きです。あ、でもアニメと並行して読み進めてたというのもあるかもしれない、CVとか想像しやすいし。ちなみにアニメは相坂君と真礼さんの役へのハマり具合がとても良かった、相坂くんはツンデレヒロインキャラのCVが一番ハマると思う。

あとはキャラの個性がそれぞれしっかりしてるので、複数人で会話してても、これは誰のセリフ。というのがしっかりわかる。というのもすごく読みやすいなと、主要メンバーはもちろん、アルティメギルですらそれぞれがちゃんと独特の口調で喋るので非常にわかりやすい。設定固めてるというよりも、キャラへの愛がこもってるなと、愛ですよ、愛。

後半はティラノギルディ率いる「死の二菱」との決戦バトルです。これがアツい、超アツい、
どのくらいアツいかというとアツさを取り戻した(ツインテール属性を持っていない)総二君が変身してない生身の状態でブレイザーブレイド繰り出してエレメリアンぶっ倒しちゃうくらいアツい。いやそれ人外や、作中で触れられてたけど総二君、マジでツインテールそのものになってしまった。

この「変身しないと倒せない相手に変身しなくても立ち向かえちゃう演出」、記憶に新しいのはシンフォギアGの主人公、立花響ちゃんですね。身体が聖遺物と化してるので生身でノイズに触れられちゃう的な。あれも「人外」と化した響を象徴づけるエピソードでした。
あのエピソードは激アツ展開ですが、変身しまくる=死ぬ、という事が明かされた直後なので「あかん・・・!変身したらあかんて・・・!(でも超かっこいい!)」という感情の揺さぶられ方をさせられました。

俺ツイの10巻後半の展開も同じような感じで、結局奪われたツインテール属性なしでもテイルレッドに変身できちゃって、そして元の属性まで取り替えしちゃって覚醒して「俺のツインテールは・・・究極だ!!」なんて言っちゃったりします。テイルレッドたん、控えめに言ってかっこいい、濡れる。
覚醒に至るまでに総二とソーラの(意識下での)やりとりもあるんですが、良くわからなかった。表紙にもなってるので実は重要なのかもしれない。

という感じで、なんだかんだでテイルレッドたん復活!世界の平和は守られた!という感じで終わります。もちろんアルティメギル側は次の刺客を送ってくるようですが、そろそろ大詰め感、出てきそうな感じでした。

先ほどシンフォギアとの比較をちょっと入れましたが、水沢先生、シンフォギアの金子さんのように「ヒーローバトルモノのお約束をここぞでぶち込む」「シリアスの中にユーモアを忘れない」「OTONAをかっこ良く描く(今巻の総二ママ、最高にかっこ良かったです)」方だと個人的に思っています。ぜひTVA化して欲しい・・・あっ・・してましたね・・・

次巻は一旦日常回挟んでバトル、的な感じでしょうか、なんやかんやで倒せたしOK!みたいな感じで今巻〆られてますが割りと問題山積み(総二の身体とか)で、今後どうなるか、期待です。

 

 

俺、ツインテールになります。 10 (ガガガ文庫)

俺、ツインテールになります。 10 (ガガガ文庫)

 

 

 

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)