BlogNoOkiba

感想文とか書きます

漫画『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』の紹介

f:id:shunozo:20161129040929p:plain
アニメselectorに登場するルリグ、ピルルクの人間時の姿でもあり、新作Lostorageで謎のセレクター感を出してきてる水嶋清衣ちゃんが主人公のselectorスピンオフ漫画。

Lostorage incited WIXOSS 8話にてまるで前作主人公かのような意味深な強キャラ臭を出して登場したキャラ、水嶋清衣ちゃん。


一応前作のウィクロスアニメであるselectorシリーズにもルリグとして登場してたんですが、スピンオフ漫画にも登場していて、こっちでは実際に主人公をやっているので、これを読むことで現在放送中の『たのしいカードゲームアニメ、ろすとれぃじ!』がより楽しめるのではないか。ということで紹介します。
あと清衣ちゃんめっちゃ好きなキャラなのでせっかくLostorageで沢山喋ってる*1し、みんなにも好きになって欲しい。

なるべくネタバレは言わないようにしますがあらすじ言っちゃうのでネタバレという扱いになるかと思います。
あ、あと最初に重要な説明をすると、アニメ同様ウィクロスのゲームルール一切知らなくても楽しめる内容です。というかアニメ以上にカードゲームのルールのほうには触れてないのでルール知らない人も安心な設計です*2

あらすじ

全体の流れはこんな感じ

1巻では、休み時間ラノベ読書コミュ障ウーマンである水嶋清衣ちゃんが百合の波動を浴びたり
f:id:shunozo:20161129043151p:plain:w300

闇のゲームに巻き込まれたり
f:id:shunozo:20161129043501p:plain:w300

無限少女になったり
f:id:shunozo:20161129043706p:plain:w300
 
ルリグになって少女たちを夢を壊したりします。
f:id:shunozo:20161129043925p:plain:w300

ネタバレにならないように主軸の部分をわざと抜いて面白おかしく紹介する感じになってまいました。

ちょっと真面目におもしろさを解説すると、アニメ本編ではセレクターバトルの闇の部分を個性豊かなサブキャラが味わいながら、主人公・小湊るう子という光の存在がゲームシステムに抗う。という感じで描かれていた一方、このスピンオフではセレクターバトルの闇という闇を主人公・水嶋清衣が一手に背負う形で描かれており、また、セレクターシステムのメインテーマである「少女の願い」にかなり重きをおいているストーリーになっています。

るう子の視点を中心にしつつも、様々なキャラの立場から闇が描かれていたアニメとは違って、1人の水嶋清衣というキャラクターが全ての当事者となってひどい目にあったりあわせたりしてるので、ある意味アニメよりもセレクターバトルのエグさが際立つような感じにもなってます。ただ全2巻で、全体的にテンポよく進むのでアニメのTHE・シリーズ構成:岡田麿里的なドロドロなエグさは全然無いですが。

ちなみに清衣ちゃん、Lostorage8話で「私は数々の願いを…その真剣さを見てきた…同時に思いに対するひどい仕打ちも…」なんて天を仰いで語っちゃってますが、このスピンオフでは繭に「また少女の願いを潰したの?これで何人目?」なんて言われたりしてます。
更には不幸を呼ぶルリグ。とまで言われる始末。確かに数々の願いを(ルリグになった自分が敗北する形で)見てきたみたいですね……

f:id:shunozo:20161129052359p:plain:w300
負けまくりであまりにも白窓の部屋に送還されるので運営のお気に入りにもなります。

あと、もちろんアニメ本編でパートナーやってたあきらっきーなんかも出てきます。
出てきますが、清衣にとっては数多の夢を壊したセレクターのうちの一人でしかないので、そんなにガッツリは出てきませんが。

ここらへんまでが1巻のお話の流れ、1巻の説明でだいぶ長くなってしまいましたが*3、未読者向けに書いてる(つもり)の文章なので1巻の説明だけしとけばいいだろっ、って感じです。1巻読まずに2巻から読む人はそうそう居ないし…

一応ざっくり説明すると、2巻からは1巻で感情を失った清衣ちゃんが光りに包まれ、友情パワーで、百合で、ほんともう…好き…ッッ!!って感じでサイコー!なので、読んで…って感じです。
若干適当に書きましたが全2巻を読み終える頃にはきっと清衣ちゃんが大好きになると同時に、何故水嶋清衣というキャラクターがLostorageで新たなセレクターバトルに身を投じているのかという部分もきっと見えてくると思います。ほんと良いスピンオフだから見て…

ちなみに新ピルルクのモデルとなってるっぽいキャラも登場します

ついでに紹介

ついで。って言ってしまうとスゴイシツレイな感じなんですが、同じくアニメのselectorを、こっちはコミカルなギャグ時空として外伝にした、『selector infected WIXOSS~まゆのおへや~』もとてもおもしろかったので文章書こうと思いつつ、タイミング逃してたので便乗して紹介します。

全1巻、だがしかし濃厚に、少女たちがセレクターバトルを
f:id:shunozo:20161129062920p:plain:w300
やらないお話。

f:id:shunozo:20161129063239p:plain:w300
白窓の部屋も特別仕様(公園の隅にある木造ボロ小屋)

f:id:shunozo:20161129063413p:plain:w300
あ、本編で描かれなかったラスボスvsラスボスのセレクターバトルがあるので必見です。

「まゆのおへや」とタイトルにある通り、繭が主人公で、繭がコミカルに雑な扱いをされたりひどい目にあったりする漫画で、アニメ本編の陰湿さなどまるで無かったかのような爽やかなギャグ時空が広がってるんですが、不思議と誰一人キャラ崩壊していないという天才的な作品です(ベタ褒め)
読み終える頃には繭というキャラクターが大好きになっていることでしょう。しかもハッピーエンド。救われた……

Kindle版が12月19日に配信されるようなんですが、電子版限定でウルトラジャンプで連載されていた『Lostorage incited WIXOSS~必殺♡オーネスト』全3話が収録される*4そうなので、こちらも必見ですね!
紙でもう買っちゃったんだけどどうしたらいいですか!電子版も買えばいいのか!

*1:前作比

*2:僕もルール一切知らないです

*3:あきらっきーは2巻ですが

*4:ソース:作者のTwitter